/

図面送付で格安価格 シャープ太陽光発電ソーラーダイレクト
  0120-123-530 シャープ太陽光ホームページ | 会社案内 | 新着情報 | お問い合わせ
トップ/格安価格の秘密
格安価格例
格安見積依頼
図面送付後の流れ
見積書の見方
設置のポイント
太陽光発電の誤解
発電量と設置方位
まるごと15年保証
新築設置
補助金/買取制度
オール電化と太陽光
メンンテナンスと寿命
ソーラーローン
お客様の声
工事の様子
設置事例
全量・産業用太陽光
陸屋根太陽光
陸屋根太陽光
蓄電池
 

 代表ご挨拶
 
 シャープホームページ
 
 
 お客様ブログ
 
 太陽光発電 補助金情報
 
 ■補助金のポイント
   平成26年度より国補助金は製品の低価格に伴い廃止となりました。
  しかし自治体によっては今でも補助金制度はあります。
  その補助金はいつでも貰える訳ではありません。各自治体の年度予算の中で賄われ、申請の早い者順です。
  自治体補助金は予算枠が少ない場合が多いので、これに設置の時期を合わせることがポイントです。
  また申請は各自治体により設置の前だったり後だったり、一旦受付を終了しても補正予算で再開されたりとさまざま
  なので、予算消化の進捗状況と合わせてしっかり把握する必要があります。
  当社ではそれらをお客様にご説明し、契約していただいても工事は補助金受付開始までお待ちいただく場合があ
  ります。また補助金申請代行も無料にて行っております。
 
 ■以下補助金情報は随時更新いたします。  
   
 1 国補助金
  平成26年度より国補助金は製品の低価格に伴い廃止となりました。
 
   
 2 都・県補助金
  @東京都補助金
  平成29年度補助金は太陽光単体としてはありません。
  蓄電池と太陽光を同時設置すると蓄電池1kw当たり4万円若しくは上限24万円の低い方が貰えます。
  蓄電池設置後申請で平成32年3月31日までの4年度通しの補助金です。
 
   
  A埼玉県補助金
  平成29年度補助金はありません。
             
  B神奈川県補助金
  平成29年度、補助金はありません。
             
  C茨城県補助金
  平成29年度、補助金はありません。
   
  D栃木県補助金
  平成29年度、補助金はありません。 
   
  E群馬県補助金
  平成29年度、補助金はありません。 
    
  F千葉県補助金
 平成29年度、補助金はありません。
   
   
 3 市、区補助金
  各市、区により異なりますのお問い合わせください。
   
 
 電力固定買取制度と2019年度問題について
 
■平成29年度、東電管内1OKWシステム以下の住宅用では余剰電力が1KW当たり税込28円、10年間固定価格で買
  取られます
  但し、エネファームを併設すると「ダブル発電」として1KW当たり税込25円と、3円減額になるのでご注意ください。
  10KWシステム以上の全量買取額(産業用)は1KW当り税別21円、20年間固定価格で買取られます。
  なお、東電管内は電力需要が非常に多いので「出力制御対応機器設置義務」はありません。

■固定買取り制度(FIT)は平成29年4月1日より新制度へ移行し、手続きが変更になりました。
  (設備認定申請から事業認定申請に移行)
  詳しくは経済産業省のサイト、こちらをご覧下さい。
  事業認定申請には原則として設置者のメールアドレスが必要で、経済産業省から直接通知が届きます。
  ※当社が代行申請をすると設置者の方に確認メールが届きます。
    それを承認して頂かないと申請が進みませんのでご注意願います。  

■10KWシステム以下の余剰電力買取の場合、あくまで余剰電力が発生しないと意味がありません。昼間の自家消
  費電力量が発電量を上回る家庭の場合、売電が無いので当然売電メリットはありません。
  (自家消費電力を賄うと言う太陽光発電本来のメリットはあります)
  固定買取り制度の財源は電力契約している全世帯の電力料金に上乗せになっており、年々金額が上昇します。
  「検針票」に「再エネ発電賦課金等」という名目で加算されています。

■固定買取制度は開始から年々買取単価が下がっています。その為「太陽光発電は終わった」と思われている方が
  います。確かに10KWシステム以上の全量買取(産業用)では投資メリットが少なくなりました。
  空き地への野立て設置は採算が合いません。 しかし工場の折板屋根設置では税金対策の意味合いもあるので
  まだまだお勧めです。
  そして10KW以下の住宅用太陽光発電システムでは、全量買取と異なり「消費電力を賄う」ことが主体です。
  東日本大震災以降原発停止、また売電の為の「再エネ発電賦課金」により電気料金は大幅に値上がっています。
  更に福島原発の廃炉費用も電気料金に上乗せする案も検討されています。
  固定買取制度のメリットは小さくなっていますが、「消費電力を賄う」住宅用太陽光発電本来の価値は上がり、
  新築住宅の多くで設置されています。

■太陽光設置されて21019年に固定買取り期間の10年を迎えようとする方が大勢いらっしゃいます。(=2019年度問題)
  その後どうなるかは、正式にはまだ何も決まっていません。しかし余剰電力の買取り単価が1KW=11円になる
  と言うのが通説です。11円と言うのは電力会社が電力を作る原価だそうです。
  そうなると電気は売るよりも自家消費した方が圧倒的に得と言うことになります。そこで必要なのが蓄電池です。
  余った電気は売らずに蓄電して夜間使用する。これがこれからの常識になります。
  太陽光発電には蓄電池が必須になって来ます。これから太陽光設置の方は同時に設置された方が機器が安くすむ
  のでお勧めです。停電時に対する安心感も全く違います。

このページのトップに戻る
シャープホームページへ

図面送付で格安価格シャープ太陽光発電ソーラーダイレクト byビーエスフォーム株式会社  0120-123-530
〒124-0002 東京都葛飾区西亀有2-20-10 TEL:03-5680-9211 FAX:03-5680-9555 E-mail:info@solardirect.jp URL:solardirect.jp

Copyright 2010 Solardirect.jp All Rights Reserved